脱毛方法の種類と特徴を解説

ホーム  > ビューティー・ヘルス  > 脱毛サロン比較  > 脱毛の基礎知識とお役立ち情報まとめ  > 脱毛方法の種類と特徴を解説

脱毛方法の種類と特徴を解説

公開日:2015年03月25日

「レーザー脱毛」や「光脱毛(フラッシュ脱毛)」、「ニードル脱毛(針脱毛)」など、よく聞く脱毛の施術方法にはどんな違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴やメリット、デメリットを理解して、自分に合ったサロンを見つけましょう。

専門家の施術も種類はいろいろ

医療機関やサロンなど専門家による施術には、次のような種類があります。

レーザー脱毛

主に医療機関で行われる施術方法で、毛に反応するレーザー光を使って、発毛指令を出す毛根、そしてその幹細胞のあるバルジ領域(毛隆起)を破壊する脱毛方法です。

レーザーはピンポイントで照射されるため、一度に施術できる面積が狭めです。このレーザーは黒い色素(メラニン)に効果が集中するように波長を調整しているので、白髪や色素の薄い毛では効果が薄まります。また、日焼けしていると皮膚が反応してしまうため、肌を焼いている人は施術できません。
この他シミやアザ、ホクロも色素があるために反応して、やけどする危険があることも覚えておきましょう。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

レーザーではなく、光を瞬間的に肌に当て、光のエネルギーで毛根を破壊するというもの。レーザーより効果は劣りますが、広い面積を一度に施術することができます。また、レーザーに比べ出力が弱いために肌の負担が少なく、痛みも少ないのが特徴です。

毛に反応するのはレーザーと同じですから、細い毛や色素の薄い毛にはあまり効果がありません。同様にホクロや傷など色素に反応するので、これも注意が必要です。

ニードル脱毛(針脱毛)

レーザー脱毛が主流になる以前、永久脱毛といえばこれでした。ニードル脱毛の方法はシンプルで、毛穴に差し込んだ針から電流を流し、毛根をひとつひとつ破壊していくという方法です。針といっても施術用の特殊針で、アレルギーや皮膚へのダメージを軽減するように工夫されています。

ニードル脱毛のメリットは、高い効果が期待できることです。また、ワキやVラインなどで色素沈着を起こしている皮膚でも施術が可能です。埋没毛やバストトップギリギリの部分など、レーザー脱毛が苦手とする毛にも効果があります。
デメリットととしては「痛み」があげられるでしょう。毛穴に針を差し込むのはそれほど痛みを感じません。しかし電気を流した時は他の施術方法に比べて強い痛みが走ります。
また、ある程度毛を伸ばしていないと施術できないので、夏などは都合が悪いかもしれません。もうひとつ、毛穴ひとつひとつを処理するので時間がかかります。

永久脱毛と永久減毛

施術をすれば、一生ムダ毛の悩みから開放される! 「永久脱毛」という言葉はとても魅力的です。実際、レーザーや針脱毛で毛を作る細胞を破壊してしまえば、もう毛は生えてこないはず。ところが、本当に毛が生えてこないかどうかは、長い年月たってみないとわからない部分があります。

そこで米国電気脱毛協会という団体が「最終脱毛から1か月後の毛の再生率が20%以下であれば、永久脱毛と呼んでいい」ということにしました。しかしこの定義、ちょっと納得がいかない人も多いのでは?
そこでFDA(アメリカ食品医薬品局=日本の厚生省に相当する政府機関)が現実的な基準を制定しました。「レーザーを3回照射したあと、6か月を経過した時点で67%以上の毛が減っている」状態を「永久減毛」と呼ぶことにしたのです。

永久脱毛という言葉は魅力的ですが、定義自体は言葉と若干の差異があります。このあたりの事情を理解していると、脱毛のプランニングも安心して進めることができるでしょう。