サロンに行く前に準備すること、施術前後の注意点

ホーム  > ビューティー・ヘルス  > 脱毛サロン比較  > 脱毛の基礎知識とお役立ち情報まとめ  > サロンに行く前に準備すること、施術前後の注意点

サロンに行く前に準備すること、施術前後の注意点

公開日:2015年03月31日

脱毛サロンに行く前の人は必読!施術の前には自己処理が必要?施術の前後に注意しておくことは?
コンディションを整えて行かないと施術が受けられないこともあるので、しっかり目を通しておきましょう。

前日までの処理が基本

脱毛サロンでの施術の前には、事前のシェービングが必要です。なぜなら、サロンでの脱毛では毛根の黒い部分に照射し反応させるため、体毛が伸びていると余計な部分まで黒くなってしまい、効果的に脱毛できないためです。毛の伸び方は部位によって異なります。個人差もありますが、ワキやうで、脚は1日で0.2〜0.4ミリ程度、顔の毛は1日に0.1ミリ程度伸びるといわれています。それを考えると、だいたい前日か2日前に処理するのが適当でしょう。

もし剃り忘れや剃り残しがあった場合にサロンでシェービングしてくれるのか、シェービンしてくれる場合料金がかかるのかなどは、サロンによって対応が異なるので確認しておきたいポイントです。

事前のシェービングは専用シェーバーでの処理がおすすめ

一般的には、ごく普通のカミソリで処理してかまいませんが、肌の角質を削ったり肌を傷つけたりすることがあります。その点、電動シェーバーや、市販されている顔用、ボディ用のシェーバーを利用すれば刃が直接肌に当たりませんし、シェービング後のメンテナンスも簡単です。
また、サロン脱毛の前は、毛抜きやワックスでの処理は禁物です。前述のように、毛根の黒い部分に照射し反応させる必要があるため、根こそぎ毛を抜いてツルツルにしてしまっては効果がないからです。

施術前後の注意点

サロンで脱毛する前や後に注意することを挙げておきましょう。

日焼け

脱毛を受けている間は、極力日焼けしないように。これには脱毛の仕組みに理由があり、黒い部分に反応する照射が、日焼けすると肌全体に反応してしまうからです。効果が弱くなるだけでなく、肌全体で痛みを感じることもあるので避けたいですね。とくに夏場、脱毛をしている期間は万全の日焼け対策を心がけましょう。

飲酒

施術の当日はもちろんですが、前日から飲酒を控えたほうがよいでしょう。飲酒によって体温が上がると、肌に赤みやかゆみが起きやすいからです。

ピーリング・角質ケア・あかすり

ピーリング・角質ケア・あかすりなどは肌に刺激を与えるため、施術の前1週間程度は控えましょう。

入浴

脱毛をした当日は入浴を禁止される場合もあります。肌がデリケートな状態になっているため、湯船の雑菌などで炎症を起こすおそれがあるからです。水かぬるめのシャワーで済ませるようにし、身体を洗うときもゴシゴシと強くこすらないように。

薬用クリーム

薬剤によって肌に反応を起こすものもあるため、施術前後の使用については、あらかじめサロンで確認したほうがいいでしょう。

まとめ
  • (1) 脱毛の前日までに自分でシェービングをしておこう
  • (2) 脱毛中は毛抜きやワックスでの自己処理はNG
  • (3) 日焼け、飲酒、ピーリングなども施術に影響するので注意