生理中、脱毛サロンでの施術は可能?

ホーム  > ビューティー・ヘルス  > 脱毛サロン比較  > 脱毛の基礎知識とお役立ち情報まとめ  > 生理中、脱毛サロンでの施術は可能?

生理中、脱毛サロンでの施術は可能?

公開日:2015年04月02日

脱毛サロンの予約日に生理になったらどうしよう?基本的に生理中は脱毛の施術ができないサロンが多いですが、部位によっては施術可能な場合も。脱毛サロンに通う上で重要な、生理との付き合い方について解説します。

生理中の脱毛が勧められない理由

突然の生理、でも脱毛サロンの予約がある。どうしよう……。
おそらくカウンセリングの時に「生理中の脱毛はできません」もしくは「お勧めしません」という注意があったはずです。でもなぜ? という人もいるでしょう。

排卵後から生理中にかけては、身体の機能全般が低下します。また吹き出物やニキビが出やすくなり、ちょっとしたことで肌が赤くなったりかゆくなることがあります。こんな時、脱毛サロンはもちろんのこと、自分で処理するのも肌荒れの原因になります。

トラブルや不調の可能性が少しでもあるのなら、施術は控えましょう、というのがこの考えのベースにあります。 生理の重さには個人差がありますし、まだ肌の状態もひとそれぞれ。まったく何でもない人もいる一方で、無理してあとで後悔する人もいるわけです。
サロン側としては万全の体制で臨みたい。だから「生理中はちょっと……」ということになるのです。

サロンによってはこの部位なら OKというところも

どこまで対応するかの基準はサロンによってさまざまです。いちばん慎重なサロンは、どの部位も脱毛できないと断られます。なかには生理の前後3日間は予約を受けないというサロンもあるほど。

ゆるやかなルールのサロンは「VIOライン以外はOK」ということが多いです。VIOラインは特に敏感な部分なので、生理中は施術できません。そのほか、顔やお尻の脱毛もダメ、というサロンもあります。

また、生理中はいつもより施術が痛く感じる人もいます。サロンとしては、できるだけ痛みを感じないように、きれいに脱毛ができて、しかも術後も肌トラブルが起きないのが理想です。あくまでも利用者のことを考えての処置なのだということを覚えておきましょう。

予約当日に生理が来たらどうする?

あらかじめ生理のサイクルがわかっている人は、その周辺をはずして予約するのがいちばん。でも2か月先のことです。若干のズレはあるでしょう。これはだれにでも起きることです。行ってから生理だと告げるより、わかった段階で相談するといいでしょう。

また、生理で予約をキャンセルしたときにキャンセル料がかかるか? 施術回数か変わらないか? などを、最初の契約時にチェックしておくことが大切です。
そしてキャンセルはできるだけ早めに。キャンセル料の規定もサロンによりますが、前日からかかるところもあります。

もちろん無断キャンセルはダメ。またキャンセルしたらその場で次の予約を入れるようにしましょう。人気サロンでは一度キャンセルすると、次の予定が大幅にずれることもあります。

まとめ
  • (1) 生理中は施術を避けるのが無難
  • (2) VIOラインの施術はほとんどのサロンでNG
  • (3) 予約日に生理になったらすぐに電話して日程変更の相談を